精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう

入れ替え時期を逃さない

コピー機

プリンター、コピー機、ファックスを入れ替えるのであれば、フロアー全体の省スペース化とコストダウンを考えるなら中古のカラー複合機という選択があります。中古でもオフィスで使用する機能には十分に対応しています。入れ替えのときには中古のカラー複合機を探してみてはいかがでしょうか。

More Detail

カードを作成するなら

ウーマン

社員証など少量のカードを頻繁に作成したいケースでは、カードプリンタを導入し作成することが効果的である。カードプリンタの導入においては厚さなどどのようなカードに印刷したいかやランニングコストの確認が重要である。

More Detail

コストを安くする方法

複合機

コピー機はペーパーレス化の時代になっている事もあり、最近はオフィスでの需要が低下しています。大量に使用するのであれば、リース契約などがおすすめですが、少量の使用であれば、中古品の購入も選択肢の一つになっています。

More Detail

計測の高速化と精密化

3次元プリンタ

接触式と非接触式

3Dスキャナーは大きく接触式と非接触式に分けることができます。接触式は対象物に実際に触れて計測する方式で、精度は非常に高くなりますが、時間がかかるため大きな物体の測定には向いていません。また複雑な形状だと探針が接触できないため、計測不能になることもあります。非接触式の3Dスキャナーのうち、パターン光タイプは対象物の表面に縞模様のラインをつくり、それを読み取ることでスキャンします。計測スピードが早いことはメリットですが、明るすぎる場所での計測は苦手です。レーザー光タイプは対象物にレーザーを照射し、反射光の方向や時間から座標を測定します。レーザーを反射しない物体の測定は困難ですが、比較的低価格で導入できます。

大幅なコスト削減

CADシステムで3Dデータを製作する場合、人力で計測してデータ化するのは大変な時間と労力を要する作業であり、人間ならではのミスを犯す可能性もあります。3Dスキャナーを利用すれば一発で精細なデータが取得でき、大幅なコスト削減になります。この特徴は製造業やゲーム制作などの現場で活用されています。特に非接触型の3Dスキャナーは、複雑な形状の物体でも細部までデータ化することができます。また高所や人の近づけない危険な場所でも、安全に測定できるというメリットがあります。たとえば土地開発の際の地形計測、建築物のメンテナンスや耐震改修、プラントの3Dデータ化など、土木建築の分野でも大きな役割を果たしています。

Copyright © 2017 精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう All Rights Reserved.