入れ替え時期を逃さない|精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう

精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう

入れ替え時期を逃さない

コピー機

オフィス全体で見直しを

ペーパーレスと言われながらも、実際は紙に出力してチェックするという人はまだ多いでしょう。パソコンの画面で細かい字を見ていると目が疲れてしまうのでしょう。そうなるとプリンターが必要になりますが、小さなオフィスでは一般的なインクジェットプリンターを使っている会社さんがあります。また、プリンターとは別にコピー機は昔からリースで使っている旧型の機械を使用して、使用頻度は減ってしまったもののファックスは必要なので、昔からの機械を使っているところもあるでしょう。もし、プリンターを買い換える、コピー機のリースが終わったなどの入れ替え時期には機能を単体で考えるのではなくフロアー全体を考慮した入れ替えを考えて見ましょう。そうすれば、コストダウンも図れるはずです。

三つの機能をひとつに集約

プリンター、コピー、ファックスの機能を一台に集約したのが複合機です。一台にまとめることで、今まで三台分必要だった場所も取らずに省スペース化を実現できます。また、リースやメンテナンス代もコストダウンがとなります。特に狙い目となるのがカラー複合機の中古モデルでしょう。複合機はマイナーチェンジとモデルチェンジを繰り返し行っていき、機能が進化して印刷物がよりキレイに出力できるようになりました。しかし、普通のオフィスで印刷する書類や図面などでは中古モデルの複合機でも十分な機能を持っています。また、中古モデルだとリース代が安くなることがあるのでコストダウンにもつながります。プリンターやコピー機、ファックスなどの入れ替えを考えているなら、フロアー全体の省スペース化とコストダウンから中古のカラー複合機を探してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2017 精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう All Rights Reserved.