カードを作成するなら|精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう

精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう

カードを作成するなら

ウーマン

企業においては、従業員証などのカードを発行し社員に所持させることが多くなっている。また、会員となった顧客にカードを発行し、会員向けのサービスを提供するといったこともある。これらのカードについては、通常のプリンタなどで印刷することができず、カードプリンタと呼ばれる専用のプリンタを用いて印刷する必要がある。大量に同じカードを作成する場合には、業者に依頼して作成することが効率が良いことが多いが、少ない枚数を頻繁に作成するようなケースではカードプリンタの活用が効果的である。カードプリンタでは、パソコンなどでイメージを作成し、そのイメージに沿ってカードに印刷することができる。社員証など都度作成したいものでは特に向いている。

カードプリンタは、通常のプリンタに比べると高価な場合が多いが、比較的一般的な企業でも広く利用されていることから、低価格で購入できるものもある。これらのカードプリンタを導入する場合には、ポイントとなることがある。そのポイントとしては、どのようなタイプのカードを発行したいかということがある。最近ではカードにICチップを搭載したものもあり、入館など様々なシーンでICチップが活用されている。カードプリンタによっては、これらのカードに印刷できないものや対応する厚さなどがあるため、どのようなカードに印刷したいかを考慮したうえで購入することが必要である。また、カードプリンタの活用ではランニングコストの確認も重要となる。

Copyright © 2017 精度が高い3Dスキャナーを利用してみよう All Rights Reserved.